40代女性 女っぷりがもっとあがる キレイのレシピサイト。

まつ毛のオシャレ情報は歯医者さんでゲット。

年齢とともにぼやけていく目元。
まつ毛が抜ける。。。毛が細くなってきた気もするし。。。
短くなった気もする。。。
昔は目力のある目元だったあなたも、年齢とともに目元の印象も
弱くなってきていませんか。
まつ毛の美容液、エクステ、まつ毛パーマ、まつ毛のケアアイテム、
まつ毛のオシャレに関するアイテムも今は豊富です。
口コミ、レビュー、情報が溢れていて何を参考にしていいのか
分からなくなる時はありませんか。
まつ毛情報に関していつもワタシが有力な情報を
ゲットしているトコロがあります。

それは。

『歯医者さん。』

歯医者さんといっても先生ではなくて。

歯科助手のお姉さま。

歯医者さんでまつ毛?!と思うかもしれませんが、
これがかなり有力です。

勝手に検証した結果3つ。

〖マスクで隠された顔は目元だけ。〗
これはもちろん治療過程やエチケットの問題もあると思いますが、
マスクを着用していますよね。
マスクで隠された顔は目元しか見えていません。
しかも患者さんとの距離も近い。
アイラインひとつとってもミクロ単位でキレイに仕上げてるな~と思う人が多いのです。
まつ毛だけではなく、アイメイクのクオリティが高い女性が多いの
です。

〖ナチュラル派の目元。〗
病院という場所柄、盛りメイクや派手さはない。
濃いアイメイクというよりは、素材重視のナチュラル派の女性が多い。
朝も早く、メイクが簡単になるという利点から、まつ毛美容に力をいれている女性が多い。

〖美容効果が伝染している。〗
あるお姉さまは ”エクステ派。”
受付のお姉さまは ”まつ毛パーマ派。”
またあるお姉さまは、短くなってしまったまつ毛をケアしている最中で ”美容液に詳しい派。”

ワタシが思うトコロ。
歯医者は個人で開院されているコトが多く、
そんなにスタッフの数も多くはないと思います。
狭い職場でスタッフのまつ毛オシャレは伝染していくのだろうと
思うのです。

エクステ派のお姉さまは
“数多く通ったけれど、ここが技術もコストも納得のクオリティ、
夜も遅くまでやっていますよ。”

まつ毛パーマ派のお姉さまは
“メンテが面倒でね~目もこすっちゃうし、ワタシはパーマ派。”

美容液派のお姉さまは
“実は失敗しちゃって、今は美容液でケア中なんです。。。
でもこの美容液、本当に伸びるんですけど。。。
つけてる間、色素沈着で目回りが黒くなるのがちょっと。。。”

などなど本当にクオリティの高い情報を次々とゲットできます。

しかも地元密着型の情報です。

目元に年齢が現れてくると、
お人形さんみたいにカールした目元は痛々しくなってしまいます。
不自然な上がったまつ毛はアンバランス感を協調させてしまい、
目元のしわやたるみが目立ってしまうのです。

年齢とともに

まつ毛が抜ける。

毛が細くなる。

短くなる。

というコトは。。。

まつ毛とまつ毛の間のきわの地肌が見えてくる。
これがぼやけた目元に変化していくコトなのです。

ワタシは売込みされた情報へは滅多に飛びつきません。

常日ごろ。
“あらっ、この人ステキ!”
感じるアンテナが周りよりするどいどワタシ。
見つけるとすぐ聞いてしまいます。
そして、その情報をもとにショップに予約をしたり、購入しています。

今は情報が溢れていますからね。

余計な情報は疲れてしまうので、
必要なコトだけを厳選して情報収集しています。

その点でいって歯科助手のお姉さまたちの情報は
クオリティが高いのです。

常にマスクをしている職業の方の ”共通あるある” かもしれませんね。

あなたが通う歯医者さんはどうですか?!

クオリティの高い情報をゲットできるかもしれませんよ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

女性向けモニターサイト【Japamoni】

アーカイブ