40代女性 女っぷりがもっとあがる キレイのレシピサイト。

メイク初心者さんのあなたの肌もツヤ肌へ!ハイライト徹底解説。

メイクの時に「ハイライトを入れて・・・」ってよく聞きますよね。
このハイライトってそもそも何?と思っている方も多いのではないでしょうか。
ファンデーション、リップ、代表的なものは名前を聴いだけですぐわかりますよね。

このハイライト、どんな種類と効果があるのでしょうか。
このページを読めばメイク初心者さんでもハイライトの基本の㋖がわかり、
あなたの肌が極上のツヤ肌になるヒントが満載です。
では早速ハイライトの魅力とともに解説していきましょう!

目次
〇そもそもハイライトってどんな効果があるの。
〇ハイライトの種類も色々。
〇ファデーション、ハイライトそれぞれの種類によってメイクの手順も変わる。
〇メーカーによって商品名がハイライトとはいわない。
attractive asian woman beauty image

【そもそもハイライトってどんな効果があるの。】

ハイライトと分類されるメイクアイテムは肌にのせた部分に光が当たると
反射で顔が明るくなります。
その光でシミやシワ、目の下のたるみによる影を飛ばして目立たなくしみせてくれるのです。

つまりシミやしわは無くなりはしないけど、光の反射で相手からは見えなくなるという
魔法のようなスグレモノアイテムなのです。

顔の中の頬骨、鼻筋、額などの顔の高い位置にのせれば
顔の高い箇所、低い箇所が光の加減でメリハリのある顔立ちに見せる事も可能なのです。

しかも、ハイライトで集まる光のマジックで肌にツヤ感も生まれるのです。
そしてこのハイライトを極めれば、ファンデーションなんて使ってません!
と言わんばかりんの極上の美肌も手に入れる事ができるのです。

女優、タレントさんがつやつやして見えるのもこのハイライト系のアイテムをうまく活用しているから。
この極上の美肌があなたの肌になる魔法のアイテムがハイライト。
期待が膨らむこのアイテムを使わない手はありませんね。

Make-up brush and color powder isolated on white background

Make-up brush and color powder isolated on white background

【ハイライトの種類もいろいろ。】

ハイライトの効果がわかったところで次は種類から解説していきましょう。
ファンデーションもパウダーファンデーション、リキッドファンデーション、
クリームファンデーション、ミネラルファンデーションなど様々な種類があります。

ハイライトもクリームタイプ、リキッドタイプ、スティックタイプ、パウダータイプと
同じく種類も様々あるのです。

ハイライトもファンデーションと同じベースメイクの一部です。
ファンデ-ション、ハイライト、それぞれの組み合わせによっての光の効果を発揮するメイク手順も変わってくるのですが
それはまた下段で説明しますね。

そしてハイライトの色味はホワイト系のものからピンク、ベージュ系までが だいたいの色の範囲です。

ベースの一部として使うアイテムなので
アイシャドウのようなカラーバリエーションはないのです。

ここまでくると、ハイライトの効果と基本的な形状の種類までわかりましたね。

【ファデーション、ハイライトそれぞれの種類によってメイクの手順も変わる。】

ファンデーションもリキッド、パウダーets。。。様々な種類がありますね。
あなたのお使いのファンデーションの種類はどのタイプですか。
実はファンデ-ション、ハイライト、それぞれの種類の組み合わせによって
ハイライトの光効果がより発揮されるメイクの手順というものがあるのです。

例えば、
リキッドタイプのファンデーション(またはクリームタイプ) + リキッドハイライト
つまり使用アイテムが全部リキッド系の場合。
ファンデーションの後にハイライトを使った方が光の効果を発揮します。

パウダーファンデーション + リキッドハイライト
粉もの + リキッド
この場合がリキッドハイライトが先になります。

ハイライトもパウダータイプのものがあります。
ファンデーション、ハイライト、どちらも粉ものの場合。
パウダーハイライトは一番最後に使う事がベストな方法になります。

ハイライト系のメイクアイテムはとても万能ですが、順番を間違えると化粧崩れもしやすく効果も半減してしまうこともあるのです。
ファンデーションとハイライトの効果的なメイク手順をもっと詳しく知りたい方はこちら。
ハイライトメイクの順番で迷わない。光を味方につけるベースメイクの手順。

Cosmetics for make-up isolated on white background

Cosmetics for make-up isolated on white background

【メーカーによって商品名はハイライトとは言わない。】

ハイライト系アイテムはメーカーによってハイライトというネーミングではないものがほとんど。

ハイライターのような似た商品名だとまだわかりやすいのですが、
ハイライトの「ハ」の字も使用してないネーミングもあります。

アイテムのカテゴリー分けではファンデーションの仲間として紹介している場合もあります。

私のメイクコンサルを受けた方はたいてい後から
「レッスンで使っていたハイライトの名称を教えて下さい~!」
とメッセージを頂く事が多いのです。
せっかくハイライトの使い方がわかっても、「見つけられない。」という声が多いのも
このネーミングのせいかもしれませんね。

ハイライトも手軽に試せるプチプラアイテムから効果なものまでお値段も幅広くあります。
知ってる人と知らない人ではメイクの仕上がりが各段に差のでるハイライト系アイテム。

ハイライトの種類、形状、そしてファンデーションとの関係もお分かり頂けましたか。
効果に時間を要するスキンケア、サプリメントより、極上の美肌効果が実感できるこのハイライト。

ハイライトもパウダー、リキッド、スティックと様々な種類があります。
それぞれ、ピンポイントのツヤ、広範囲のツヤ感、ふんわり現れるツヤ感、それぞれ特徴があります。
次はそれぞれの特徴を知ってあなたに最も必要なハイライトのタイプを見つけて極上の美肌を手に入れましょう。
老け顔も一瞬でオトナのレア肌に!ハイライト選びでもう迷わない!

ワタシが長年愛用しているハイライト他メイクアイテムをご紹介しています。
よかったらこちらも参考にしてくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ