40代女性 女っぷりがもっとあがる キレイのレシピサイト。

女性の老け顔は毛穴から。脱・老け顔カバーの優秀ファンデとは。

なんだかあの人、最近老けたよね。。。
昔はあんなにキレイだったのに。。。心の中でつぶやく。。。
親しかった友人に久しぶりに会ってそんな事を感じる事はありませんか。
もしかしたら。。。あなたもどこかでそう言われているかもしれません。

そんな会話が上がる事態、そう。。。あなたもそのエリアに足を踏み入れているのです。

他人の事はよく見えるけど、自分は見えない。
これって当たり前ですけど、老けも同じ。
「私も人の事は言えないんだけどさーー。」
建前的には言いつつ自分の老けは見ない。
人間の心理上、受け入れたくないものは見ないようにする防御反応が働くものです。

目次
1. そもそも女性の顔はどこから老けてくるのでしょう。
2. サインは毛穴の形だった。。。
3. メイクでおばさんになってしまう人とは。
4. オトナの理想肌を叶えてくれるファンデーションとは。

Young women are painted the foundation while looking in the mirror

1.【そもそも女性の顔はどこから老けてくるのでしょう。】

年齢とともに体全体に丸みを帯びていく体系。
これもホルモンバランスが引き起こす『老け』
背中に現れる肉感。
色々なものが食い込んでしまうから、体にフィットしたものには手がでなくなってしまいます。
下半身にどっしりとした肉付き。
つい、お尻まで隠れるトップスが基本になってしまう。
分かります。
分かります。

ただそのような老けの変化より、
“あの人老けたよね。。。” 
そんな噂にのぼるような変化は しみしわが現れる「顔」です。

大事なのでもう一度言います。「顔」なのです。

しみ、しわ、法令線、たいていの女性はこのサインに気づいています。
そしてこのしみ、しわ、法令線に続いて上がるお悩みワードは

『毛穴』

この毛穴の開きにお悩みの女性も多いのです。

ネーブルオレンジ Navel orange

2.【サインは毛穴の形だった。。。】

毛穴には「穴」という表現が含まれています。
その「穴」のイメージが強い分「まる〇」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

ここが盲点なのです!

毛穴が気になってきた。。。この気になってきた時点で怖い事に毛穴はもう「まる〇」ではないのです。
「涙型」に変化してきているのです。

先端は細く、下にボリューミーに貯めこんだようなあのフォルム。

〇だった毛穴は年齢を重ねる度に楕円形に形を変え、
あの「涙型」に変化していくのです。

そう。。。じわじわとミクロの世界で形を変えて、
老けを醸し出してくるのです。

20歳をピークに満タンになったコラーゲンは減少し始めます。
気候や紫外線、乾燥などの影響を日々受けながら、ハリの低下、毛穴の変化まで一気に下降線をたどっていくのです。
そして、毛穴が一つ一つが伸びて広がり、変化をはじめて たるみが起こります。
法令線のいやな影も現れてくるのです。
これは避けられない現実。

「キメが整った肌」とは。
『〇』の毛穴が碁盤の目のようにうに整った状態の事を言います。
肌のハリ、つや、生命感も表し、清潔感を漂う肌印象に見せてくれます。
若さのフレッシュ感も兼ね備えた肌その鮮度も上げてくれるのです。

ただ、涙型の毛穴肌にはファンデーションをのせても凸凹が目立ち、好感度を下げてしまう事にもなりかねるのです。

Makeup products and brushes on grey background

Makeup products and brushes on grey background

3.【メイクでおばさんになってしまう人とは。】

メイクしているのに老けて見える。。。
残念なことにそんな人っています。

●顔と首の色が違ってアンバランスな肌質になっている人。
●若い女性と同じようなメイク方法で痛々しい若作りが現れてしまっっている女性。
●眉が不自然に強調された人工感のある眉になっている女性。

残念なことにメイクでおばさんに「化けている人」がいるのです。

メイクでおばさん化になるその要因の一つにファンデーションの厚塗りがあります。

ファンデーションの厚塗りは肌が重たくなります。
毛穴が涙型に変化した肌にはたるみや法令線が存在するので
ここに埋まって、ファンデーションが顔の中に一つの「線」を描いてしまうのです。
この恐ろしい線があなたの顔にありませんか?

スキンケアで日々お肌をケアする。
大事です。
毛穴引き締め効果を謡ったスキンケアも取り入れている。
もちろん大事です。
あなたの肌はきっと毛穴一つ一つが押上げられていることでしょう。
ぷっくりした以前のような「まる〇」に近づいているかもしれません。

ただそのようなケアも、毎日の疲れや寝不足を改善する肌を保ってくれているでしょうか。

肌コンデションは毎日変わります。
体調、季節の環境によっても。

cosmetics set for make-up on bright background

cosmetics set for make-up on bright background

4.【オトナの理想肌を叶えてくれるファンデーションとは。 】

毎日スキンケアで補えない肌コンデションを瞬時にカバーするには、ファンデーションの存在はかかせません。
ファンデーションは肌そのももの質感をUPさせてくれる事に特化したアイテムです。

いわば、ベース中の女王様。

疲れた肌をツヤめく肌に変えてくれる事だって可能です。

ただファンデーションも種類によって仕上がりの質感も変わってきます。
◇ ツヤ感重視。
◇ マットな肌。
◇ 透明感重視

形状の種類も。
◆ パウダー ファンデーション
◆ リキッド ファンデーション
◆ クリーム ファンデーション
◆ ルース ファンデ-ション
◆ エマルジョン ファンデーション
◆ ステイック ファンデーション
◆ BB、CCクリームなど。

年齢顔のお悩みが現れたオトナ女性にはファンデーションの厚塗り感がでなく、
素肌がキレイな人を連想させるような仕上がりが必要になるのです。

その効果 + 涙型に変化した毛穴をカバーする力も兼ね備える。
そのような園の下の力をもったファンデーションが必要となってくるのです。

オトナ女性の品格は何より肌に現れてきますからね。
こだわって、吟味した分だけきちんと肌質に現れてきます。

『素顔』がキレイな人。
『素肌』がキレイな人。
こんな印象を想像させる女性はどこか色っぽいものです。

実はこれ、男性目線の意見。

イコール「モテ女」の条件にもつながりますね。

あなたの毛穴が涙型に変化してきたのであれば、毛穴カバー力の力も兼ね備え 、理想の肌を演出してくれる。
そんなわがままを叶えてくれるファンデーションが必要です。

オトナ女性の肌のカバー力重視となると。。。

やはり質感はクリームタイプがおススメです。

リキッドファンデーションよりもクリームタイプの方が油分を多く含んでいます。
質感もリキッドファンデーションはサラリ。
クリームはこってりとした質感です。
この質感で肌の密着度も高くなり、素肌に近い自然なカバー力が生まれるのです。

どうしても年齢とともに肌はトラブルを抱えやすくもなります。

これは年齢とともに肌が薄くなってきているから。

そんな肌をケアする役目も担うイミも込めて、保湿力もファンデーション求めたいのです。

その保湿力も兼ね備えているのもクリームファンデーションの良いところ。
肌が薄くなる分、若い女性にはない 『オトナの透明感。』が現れてきます。
これを表さない手はないのです。

若い女性には負けない!オトナ女性ならでは透明感があるのですから。

目の下の凹みによる影や細かいところは二の次。
そこはメイクアイテムのハイライトの力を借りましょう。
それが一番効果的です。

メイクアイテム選び一つであなたの 『美』の可能性も広がります。

オトナ女性の『美の伸びしろ』まだまだ広いのですよ。

さぁ!まだまだ上を目指して女っぷりをあげていきましょう!

40代のワタシ肌も底上げしてくれる愛用のメイクアイテムをご紹介しています。
よかったらこちらもご参考にしてくださいね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

女性向けモニターサイト【Japamoni】

アーカイブ